2014年09月04日

吉田華正 竜田川蒔絵銀波塗香合

■竜田川蒔絵銀波塗香合 吉田華正

3-1.jpg

【新品】 吉田華正の新作香合です。

蓋甲の地塗りは 銀錆漆で青海波の波紋が線書きされた上に
金と朱の紅葉が高蒔絵されてます。

左右に梨地が振られ陽光に輝く水面に 紅葉が浮き上がってきます。
胴は梨地内側は欅の杢目を活かした拭漆仕上げになっています。

共箱寸法 口径 7,1cm 、高さ 2,2cm

☆ 吉田 華正

蒔絵師
伝統工芸師
昭和15年 石川県小松市に生まれる
平成 5年 日本伝統工芸石川支部展 日本工芸会賞受賞
平成 6年 山中町文化財調査委員
平成10年 通産大臣認定資格伝統工芸士に認定
平成16年 山中町産業功労賞受賞
平成19年 石川県伝統産業優秀技術者受賞  


posted by 末広屋 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。