2013年12月25日

黒釉若松画茶碗 三浦竹泉

■黒釉若松画茶碗  三浦竹泉 作 
1-91.jpg



少々大振りの茶碗です

全体に黒釉が掛けられ

正面と右横に 若松が

さらりと金で描かれています


シンプルなデザインの品の良い茶碗です


寸法 口径 13,7cm
         高さ 8,8cm


きれいな状態です

共箱は少々経年の時代があります




☆ 三浦 竹軒 

明治33年 初代三浦竹泉の三男として京都に生まれる 
大正10年 三代三浦竹泉を襲名 
昭和 9年 別家して竹軒と改号 
平成 2年 逝去90才 

政府認定技術保存資格者 
京都伝統陶芸家協会員

金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具・花器を製作 


posted by 末広屋 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。