2013年11月26日

色絵日乃出鶴茶碗 宮川香雲

 

■色絵日乃出鶴茶碗 宮川香雲

6-91.jpg



日の出を背景にした鶴に、躍動する波頭と縁起の良い

おめでたい図柄のお茶碗です。

状態良好

共箱は少々経年の時代があります


寸法 口径 12,6cm
         高さ 7,8cm

☆ 宮川 香雲  みやかわ こううん
 

龍 谷 窯 りゅうこくがま
父は兄の真葛 宮川香斎から分家・独立した初代宮川香雲

昭和13年 京都生まれ
昭和31年 京都市立日吉ケ高校美術科卒業
昭和33年 京都市立工芸指導所修了
昭和39年 裏千家井口海仙宗匠に茶道を師事
昭和57年  二代香雲を襲名

仁清・乾山以来の京焼色絵による、華やかでありながら おさえた色合いの上品な作品が特色
交趾・祥瑞金襴手も手がけ、さらには染付の茶道具、懐石の器も制作
龍谷焼の名は宮川家が龍谷山西本願寺より拝命

1a.gif
 
 


posted by 末広屋 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。