2013年11月19日

丹波焼飾壺 市野信水

■丹波焼飾壺 市野信水

1-61.jpg


日本六古窯の一つ 丹波焼

初代市野信水の飾壺です


深みのある赤紫色の赤土部釉の肌に

口・肩に掛かったビードロ釉が

一筋流れ落ち 美しい景色を作り上げています


きれいな状態です

寸法 口径 10,2 cm
    胴径 19,5cm
    高さ 24,0cm(口蓋除く)


☆ 初代  市野信水

尾中窯 (おなかがま)
伝統工芸士

昭和 7年 兵庫県立杭の丹波焼き窯元に生まれる
昭和43年 立杭尾中に穴窯、登窯を築き茶陶に専念

日展、日本伝統工芸展、近畿支部展など入選多数
兵庫県技能顕功労賞受賞
兵庫県工芸美術作家協会理事 
大阪・京都高島屋、日本橋三越などで個展開催

1a.gif



posted by 末広屋 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。