2013年10月12日

御本手朝日焼茶碗 13代 松林光斎

■御本手朝日焼茶碗 13代 松林光斎
1-91.jpg


朝日焼 先々代 松林光斎の作品

薄づくりの茶碗の上部は 細やかなろくろ目が筋紋となり

茶碗下部には 淡紅色の斑紋が 流星群のように細やかに散り

それをしっかりとした高めの高台で受けとめています

気品のある茶碗です

きれいな状態です

共箱は少々経年の時代があります

寸法 口径 13,9cm
         高さ   7,8cm


 ☆13代 松林光斎 

明治24年  12代松林昇斎の子として生まれる 
京都市立陶磁器試験場修了 
父に師事する 
昭和 7年 13代松林光斎を襲名  
昭和22年 逝去 

※作品には朝日焼の歴史から73代朝日光斎と表記する 


1a.gif


posted by 末広屋 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。