2013年10月08日

黒釉茶碗 高橋道八

■黒釉茶碗 高橋道八 作
1-91.jpg


黒釉がたっぷりと掛けられた茶碗ですが

山道になった口縁や茶溜まりは飴釉のように透け

正面にはさりげないエクボが付けられています

表情豊かな高台とともに シンプルながら味わい深い茶碗です


寸法 口径 11,7cm
    高さ 7,2cm

きれいな状態です

共箱は少々経年の時代があります


☆ 6代 高橋道八 

本名  英光 
号  華中亭。

明治14年 4代高橋道八の次男として京都に生まれる 
大正 4年 6代道八襲名 
伝統の道八様式を継承し陶器・磁器を製作
煎茶器道具も多く製作 
昭和 3年 昭和天皇即位式に大花瓶を献上 
昭和16年 逝去


1a.gif


ラベル:高橋道八
posted by 末広屋 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。