2013年09月29日

宗旦好写菊蒔絵大棗 湖彩


宗旦好写菊蒔絵大棗 湖彩 

4-4.jpg


黒の大棗の甲に菊の金蒔絵

これは東福門院へ献上された棗といわれています

この菊は利休好のように紋ではなく
線に太細があり 中央も丸を描き 縦横の線でざんぐり書かれています

これは宗旦の下絵によるものと思われます

伝来する棗は写しで 常叟の書付 認得斎の箱書になっています

きれいな状態です

1a.gif



 

 


posted by 末広屋 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。