2013年08月31日

黒楽茶碗 銘「瑞雲」 木津喜楽

 

■黒楽茶碗 銘「瑞雲」 木津喜楽

1-1.jpg


【新品】の掘出し品です

柳生寺住職 橋本紹尚師が、「瑞雲」と名付けられました

胴の廻りを 指で凹状に押さえられ

その景色が 山々の稜線に湧立つ雲のように見えます




☆木津 喜楽

   寄神宗白の桂窯で制作


★ 橋本 紹尚 はしもと じょうしょう

昭和37年 花園大学卒業
同年 大徳寺専門道場にて掛塔
小田雪窓老師に師事する
昭和40年 柳生芳徳寺に帰り
昭和47年 住職となる
三玄院先代住職 藤井誡堂老師より「顕道」「紹尚」を拝命
 

★ 芳徳禅寺 
江戸時代(寛永15年) 柳生但馬守宗矩が、亡父の供養のため創建 

 

1a.gif




posted by 末広屋 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 新品・新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。