2011年08月27日

萩井好斎の桐丸みおつくし香合

                     ■桐丸香合みおつくし 

                               三代 萩井好斎 作

kousai-1-2.jpg
 
kousai-1-1.jpg


 

                 みおつくし (澪標)は 航路を示す標識のこと

                 和歌では「身を尽くし」との掛詞で多く用いられます
                 源氏物語14帖の澪標は 作中の和歌
                「みをつくし恋ふるしるしにここまでも
                       めぐり逢ひけるえには深しな」と

                「数ならでなにはのこともかひなきになど
                       みをつくし思ひそめけむ」に
                因んでいます


               表は無垢の桐材で
               蓋を開けると 蓋裏に水辺の芦が描かれています
               シンプルで品のある香合
               底に 萩井の押印があります
               とてもきれいな状態です
                           寸法 口径 6,5cm
                                   高さ 2,3cm

1a.gif
 



             ☆ 萩井好斎 (はぎい こうさい)

                 大阪の指物師
                 初代 好斎 茶の湯専門の指物師として大阪曽根崎で独立開業
                 木遊軒を名乗る
                 昭和32年 淡々斎に好斎の号をもらい裏千家の職方となる

                 2代 好斎 昭和9年初代好斎の長男として生まれる
                        平成12年没

                 3代好斎 昭和39年生まれ
                         平成13年 3代目襲名

 
 
商品番号3460215
商品名桐丸香合みおつくし
特価15,000円
作者三代 萩井好斎
送料道内送料無料


posted by 末広屋 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。