2010年04月05日

色絵楊柳茶碗 清閑寺窯 杉田祥平

      ☆「新作茶道 底値市」商品紹介☆

           ■色絵金地楊柳茶碗

                          杉田祥平 清閑寺窯

       1-1.jpg

        楊柳 (ようりゅう)は、やなぎのこと 季節は春 。

        長い柳の長い枝の 1本1本を 丹念に描いてい
        ます。

          通常価格 150,150円
          特価 83,000円です

               
★ 清閑寺窯 杉田祥平

                    清閑寺窯は 旧伯爵 清閑寺家の許可を得て
                    明治初期 初代菊次郎が創立
                    2代龍斎、3代祥平を経て平成12年4代目
           祥平が継ぐ
                    仁清・古清水の流れを継承し京焼の伝統と
                    する重厚な造形美と典麗優美な桃山文化の
                    彩色美の中に 現代感覚を併せもった技法が
                    特色

                 
4代 杉田祥平
                  昭和17年生まれ
                  昭和35年 京都芸術短期大学(現京都造形
                                                         芸術大学)
                  昭和37年 京都市立工業試験場

                          1d-10-m.gif



posted by 末広屋 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 新品・新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。