2010年04月04日

鵬雲斎好 行雲棚

      
           
■鵬雲斎好 行雲棚

         2-1.jpg



        「行雲流水」の語より命名されました。
        多彩な用材で作られているも 特色です。

        
天板と地板は 松の拭漆、中板は楓
        右脇 梅の木の行雲透かし、左脇 桜材        
        勝手口と奥の腰板 白竹付玉椿材に流水透し
        桑材4本柱に、客付の横桟は黒柿です。 

        炉、風炉とも用いられます。広間据え。

        昭和43年のお好み
        本歌制作は 初代萩井好斎

        通常価格 39,300円
        特価 24,000円です

                          1d-10-m.gif



posted by 末広屋 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 新品・新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。