2009年10月08日

名月も過ぎて

     ■ 秋深し
    
     中秋の名月も過ぎ、散在していた落ち葉が 小さな山を
     つくり始めました。秋も深まってきましたね。

     今朝 布団から はみでた足で感じた空気の冷たさは
     いよいよ冬が近いぞと伝えてくれました。

     この季節、秋の味覚がいっぱいです。
     新米、新蕎麦、ちょっと遅いけど最近何度も食べた
     トウモロコシ、いくら、

     いくらといえば、先日いただきものの いくらを
     (家庭で味付けしたもの)今年初物で食しましたが
     この時期の(手作りの)いくらは うまい!ですね。
     
     美味いとなれば、心配なのは秋サケの漁獲量。
     昨年は前年より2割も少ない不漁だったのに、
     今年は さらにその昨年より 半減するとの予測
         されてます。 大不漁です。
 
     これでは あまり口にするチャンスが無いかも知れ
     ない。
     でも、残念ではあるけど メタボのオジサンには
         これでいいのか。

       予測が的中したら、そう思ってあきらめます。 

                                                      by suehiroya.png

     
    
              



posted by 末広屋 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。