2013年03月31日

金華山写小茄子茶入 笹田有祥

■金華山写小茄子茶入 

笹田有祥




9-1.jpg



<牙蓋>

分類

中興名物→古瀬戸→金華山


本歌は 小堀遠州から松平不味へと渡り

遠州の瀬戸天目手の箱書と挽家に小茄子の字形

不味が外箱に 天目手と墨書してます


仕覆 道元緞子

寸法 口径 2,7cm
胴径 5,6cm
高さ 5,7cm(蓋除く)

きれいな状態です

共箱は少々経年の時代があります

 ★笹田 有祥

昭和27年 京都で生まれる
昭和45年 京都市立日吉ヶ丘高校陶芸科卒業 
昭和46年 京都府立陶工訓練校卒業
昭和47年 京都私立工業試験場陶磁器技能者養成所卒業 
昭和48年 手塚央氏に師事 茶陶を指導される 
昭和50年 独立 五条坂共同登り窯にて暦物写茶入の制作を始める
昭和62年 五条坂共同登り窯廃止に伴い京都市北区西加茂に現工房を築く
師 手塚央氏と韓国高麗青磁研修
茶道具の制作を中心に現在に至る

1a.gif
 


posted by 末広屋 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

淡々斎好糸巻香台 松摺漆

  ■淡々斎好糸巻香台


1-1.jpg


   裏千家淡々斎好

   松摺漆花台


1a.gif

posted by 末広屋 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

御本手内三島鉢 森里陶楽

  ■御本手内三島鉢 

     森里陶楽


1-1.jpg



内側は縄簾と印花紋

外側は刷毛目と三作の紋様

菓子器や懐石用に


きれいな状態です

共箱は少々経年の時代があります

寸法 口径 24,5cm
高さ 6,9cm





 ☆3代 森里 陶楽

本名 森里秀夫
昭和34年 京都に生まれる 
京都市立日吉ヶ丘高校美術工芸コース日本画科(現、銅蛇美術工芸高校)
京都府陶工専修訓練校 卒業
手塚玉堂氏に師事の後 2代目陶楽に師事し作陶活動に入る
平成8年 3代目 陶楽を襲名

2代目の繊細な三島手をさらに大胆にそして遊び心のある器、現代にあう和洋に使いこなせる粋な器を作り続けている
京焼・清水焼展 通産大臣賞受賞
平成18年度伝統的工芸品公募展 日本商工会議所会頭賞受賞 
日本橋高島屋をはじめ全国区各地で個展開催
工学博士山本徳治氏の釉薬研究会所属 
伝統工芸士


1a.gif
 
posted by 末広屋 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

呉須赤絵菓子鉢 高野昭阿弥 作

■呉須赤絵菓子鉢 

    高野昭阿弥 作


1-1.jpg




器の内外に 華やかに花鳥草花吉祥紋が描かれています


きれいな状態です

寸法 口径 21,2m     高さ 9,1cm


☆ 初代 高野 昭阿弥

五条にあった柴田如阿弥に弟子入り
昭和 5年 28歳で今熊野の地に独立、師より昭阿弥の号を受ける

☆ 2代 高野 昭阿弥

昭和16年 京都市に生まれる
昭和41年 京都市立美術大学卒業
        初代昭阿弥の許で仕事を覚える
昭和55年 初代と共に50周年記念展を催す
平成 5年 2代目を襲名
平成 8年 京都にて昭阿弥工房展を行う

巧みなロクロの技術に豊かな色彩
伝統を描いた洗練された京焼を創り出すことで評判の窯元
作品は染付、赤絵、色絵、交趾と幅広い
抹茶、煎茶道具に定評がある


1a.gif


 
posted by 末広屋 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

淡々斎好山道菓子器


■淡々斎好山道菓子器


1-1.jpg



裏千家14代淡々斎家元好の写しです

10代認得斎好の黒塗りを朱塗りに改め

山道の上部のみ黒塗りになってます。

本歌は飛来一閑

11代玄々斎も認得斎好を山道の上部と足を爪紅にされ
好みとしています


きれいな状態です

紙箱は少々経年の時代があります

1a.gif

posted by 末広屋 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

黄交趾瓔珞紋火入 中村翠嵐

  ■ 黄交趾瓔珞紋火入 

    中村翠嵐

2-91.jpg



  深みのある 華やかながら落ち着いた黄交趾火入

  瓔珞紋もシンプルに入れられています。

  きれいな状態です

  寸法 口径 9cm  高さ 8,4cm




☆瓔珞 ようらく

インドの貴族が頭や胸にかけた珠玉や金属玉を紐でつないだ装身具
また仏像の装飾や寺院内陣の装飾にも用いられた

★ 中村 翠嵐 なかむら すいらん

昭和17年 京都に生まれる 
昭和36年 京都市立日吉ヶ丘高校陶芸科卒業後
        父の許で修業 
昭和53年 全国各地で個展 
        ニュージーランド・カンタベリー美術館に寄贈出品
        常設展示される 
昭和57年 第25回上絵陶芸展にて京都府知事賞受賞
昭和59年 第6回京都・清水焼展グランプリ受賞
第9回全国伝統的工芸展NHK会長賞受賞
昭和62年 京都・清水焼伝統工芸士に認定される
平成 5年 125年ぶりの海外展「現代の京焼・清水焼パリ展」に出品
       同展実行委員長を務める
平成15年 伝統工芸産業の振興に貢献したとして経済産業大臣表彰を受ける 
       「京の名工」京都府伝統産業優秀技術者表彰を受ける
平成22年 「現代の名工」(卓越した技能者)厚生大臣表彰を受ける

1a.gif



posted by 末広屋 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

冠手火入 西村徳泉

■ 冠手火入 

  西村徳泉

1-91.jpg



冠手は
染付で唐冠が描かれもので

中国明時代末頃の藍呉須の火入が最も有名です

きれいな状態です

寸法 口径
10,4cm
    高さ 8,5cm




 ☆
3代 西村 徳泉 

紫翠窯
昭和 3年 京都に生まれる 
2代徳泉や楠部弥弌、6代清水六兵衛に師事する 
昭和46年 五条坂から宇治炭山に登窯を移築 
大徳寺瑞峯院吉口桂堂老師より紫翠の窯名を頂く 
昭和53年 清水焼伝統工芸士に認定される 
平成 4年 伝統産業優秀技術者として「現代の名工」に認定される 
平成19年 逝去

祥瑞写、金欄手を中心に作陶
京都府美術工芸作家協会会員 
京都市工業試験場特別講師 
京都市工業試験場特別講師など、
京焼の振興、後進の育成に尽力 
 

4代 西村徳泉 

3代徳泉や6代清水六兵衛に師事する
平成19年 4代西村徳泉を襲名
 
日本新工芸展審査員 
京都工芸美術作家協会理事

1a.gif

posted by 末広屋 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

萩壷々杓立 田原陶兵衛


  ■萩壷々杓立 

    田原陶兵衛



1-91.jpg



   壷々模様が、透しと白線書きの陰陽で意匠されてます


   きれいな状態です

   共箱は経年の時代があります




   ☆ 田原 陶兵衛 
    
たはら とうべい

   田原家は坂倉家とともに深川萩の本窯として、
   伝統の萩焼を継承している。
   現在は
第13代田原陶兵衛氏で、平成4年に先代の父より
   継承し襲名。

1a.gif

 
posted by 末広屋 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

淡々斎好海松波蒔絵片口 北村葵春作

  ■淡々斎好海松波蒔絵片口 

    北村葵春作 


1-91.jpg



  【美品】

  裏千家14代淡々斎好の写しです

  溜に近い春慶塗
  絵の海松は青漆
  波は黒漆
  水玉は白で描かれてます

  昭和17年のお好みで
  本歌は駒沢利斎


  きれいな状態です 


1a.gif

posted by 末広屋 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

鵬雲斎好銀杏透莨盆 田原一斎

  ■鵬雲斎好銀杏透木莨盆 

     田原一斎
 



1-1.jpg



  本歌は銀杏透手付莨盆 初代川本光春です


  長角の手付莨盆で 胴部は桐と埋木(神代杉)が使われています

  桐木地には 銀杏透

  埋木は松皮菱の意匠になっています

  上端には黒柿をまわし 堤ては桑を曲げた洒落た莨盆です

  昭和45年のお好みです


   きれいな状態です

1a.gif

posted by 末広屋 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

膳所立鶴蓋置 陽炎園

   ■膳所立鶴蓋置 
  
      陽炎園


3-4.jpg


   鶴が三羽 空に向かって鳴いています

   地元釧路では日常の風景です

   膳所の鉄釉も綺麗です


   きれいな状態です


    
1a.gif


posted by 末広屋 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

半田焙烙  楽助

    ■半田焙烙  

      楽助


5-1.jpg


   きれいな状態ですが

   赤楽の胴部に 1mm程度の釉薬のハガレと
   足2ヶ所に化粧土のハガレがあります

   写真でご確認ください

   紙箱は少々経年の時代があります


1a.gif


ラベル:半田焙烙 楽助
posted by 末広屋 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鵬雲斎好瑞鳥大平棗 道場宗廣作

   ■鵬雲斎好瑞鳥大平棗 

      道場宗廣作

7-91.jpg



   黒真塗地の蓋甲から胴にかけて、瑞鳥といわれる鳳凰が

   瑞雲の中を天翔るさまが 、金蒔絵で描かれています

   内側は 銀仕上げ   (本歌は黒塗)

   昭和40年頃のお好み

   本歌は寛山作


   寸法 口径 8,6cm
       高さ 5,8cm

    共箱は少々経年の時代があります


   ☆ 道場 宗廣

   加賀百万石の文化の伝統に支えられた漆芸の町に生まれ
   父に師事し漆の技法学ぶ
   加賀蒔絵・漆芸作家として30余年精進に励む

1a.gif


 
posted by 末広屋 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

玄々斎好曙棗 中村宗悦

   ■玄々斎好曙棗

     中村宗悦

 
3-91.jpg



   【新品】  極上作

   裏千家11代玄々斎が長男の
   一如斎の点前始めの披露として好んだ棗の写しです

   利休好の香次棗の形をとり 、華やかな洗朱塗の甲に立鶴、
   胴に松と亀が描かれた蓬莱紋様の意匠です

   本歌製作は8代中村宗哲


   中村宗悦の極上作になります

    寸法 口径 6,1cm
        高さ 7,1cm  


   ☆ 中村 宗悦

    本名 恭蔵 
    昭和 7年 石川県に生まれる 
    昭和21年 父に師事し漆芸を研鑽 
    以来この道一筋に研鍛を重ねる 
    昭和39年 故・中尾宗和先生より茶道の指導を受ける 
    昭和54年 全国漆器展(東京三越本店)林野庁長官賞 
    昭和57年 全国漆器展(東京三越本店)知事賞 
    昭和58年 全国漆器展(東京三越本店)精漆組合賞 
    昭和57年 茶名拝受(宗恭) 
    平成 4年 茶道準教授拝受 
    平成 6年 加賀古陶上野与一先生に陶芸の指導を受ける


1a.gif
 
posted by 末広屋 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

草花の絵茶碗 宮川香雲

  ■草花の絵茶碗 宮川香雲


2-1.jpg




  茶碗正面にあでやかな牡丹

  左右に四季折々の花 水仙、桔梗、萩が

  茶碗内側に 竹、青楓、紅葉が描かれています

  一年のどの季節でもお使いになれます


  きれいな状態です

  共箱は少々経年の時代があります


 ☆ 宮川 香雲  みやかわ こううん

  龍 谷 窯 りゅうこくがま
  父は兄の真葛 宮川香斎から分家・独立した初代宮川香雲

  昭和13年 京都生まれ
  昭和31年 京都市立日吉ケ高校美術科卒業
  昭和33年 京都市立工芸指導所修了
  昭和39年 裏千家井口海仙宗匠に茶道を師事
  昭和57年 二代香雲を襲名

  仁清・乾山以来の京焼色絵による、華やかでありながら おさえた色合いの  上品な作品が特色
  交趾・祥瑞金襴手も手がけ、さらには染付の茶道具、懐石の器も制作
  龍谷焼の名は宮川家が龍谷山西本願寺より拝命

1a.gif

 
posted by 末広屋 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

立花大亀白寿記念直筆 福徳釜 炉用 一ノ瀬宗辰

   ■立花大亀白寿記念直筆 福徳釜 炉用

       一ノ瀬宗辰



1-1.jpg



1-91.jpg

   【未使用品】


    立花大亀老師が白寿(99歳)を記念し 造られた福徳釜です

    一ノ瀬宗辰が製作しました

    釜の肩と胴の擂座は99個

    釜の正面に 福徳の文字が揮毫され

    後側に 立花大亀老師の花押入り

    釜蓋も本焼の見事な景色がでています


   ☆立花大亀 たちばな だいき 

     明治32年 大阪府に生まれる
     大正10年 出家 
     大徳寺徳禅寺住職 
     大徳寺派宗務総長 
     昭和38年 最高顧問 
     昭和48年 大徳寺内に如意庵を復興 庵主となる 
     昭和57年 花園大学学長 
     平成17年 死去107歳


    ☆ 4代 一ノ瀬宗辰

     金工師 
     初代 一ノ瀬長太郎 明治8年に鋳銅職として業を起こす

     2代目 宗真 明治23年滋賀県「亀分堂」の隠れ職方となる
     日英同盟博覧会で最高の金賞受賞
     また万国博、商工展、文展、帝展等々で特選、大賞を受賞し名工とたかく評価される

     3代 宗真 父に師事 京都で茶道を習い金工茶道具の研究
     昭和38年・48年に文部大臣賞を受賞

     4代 宗辰 本名新太郎 父に師事
     古美術茶道具を収集・研究し製作の応用に研鑽する

     富山県作家協会会員
     高岡市美術作家連盟会員
     高岡市美術友の会理事

            1a.gif

posted by 末広屋 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

広口釜 無地 佐藤浄清

広口釜 無地 佐藤浄清


4-1.jpg


立ち上がる湯気が暖かさを感じさせる広口釜

2〜3月の厳寒の季節のご馳走です


無地ちりめんの釜肌はきれいな状態ですが

蓋に水跡がいくかあります

内側に若干の錆がありますが ご使用には差し支えありません






☆ 佐藤浄清 

釜師
伝統工芸士  
商工省主催美術工芸展入選 
昭和天皇(摂聖宮御当時山形行幸の際御買上) 
水戸大博覧会功労大賞牌 
ベルギー万国博覧会受賞 
パリー万国博覧会受賞 
アメリカ万国博覧会受賞 
第一回全国伝統的工芸品展 
中小企業庁長官賞受賞政府買上 
日展入選 
日本伝統工芸展 入選多数 

日本工芸会正会員 
国家指定第五五〇号 伝統工芸士認定  

1a.gif

posted by 末広屋 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。