2012年10月15日

而妙斎書付 安南絞手茶碗 小峠丹山

        ■而妙斎書付 安南絞手茶碗 小峠丹山
4-4.jpg

           表千家 而妙斎家元の書付茶碗です 
           安南の中でも 最も珍重される絞手茶碗。 
                      染付の紋様がにじみ 寂の味わいの風趣が魅力 
                      少し小振りで 高さも低めで 手の中にすっと収まるお茶碗です。 

                       きれいな状態です 
                       寸法 口径 11,6cm
高さ 6,9cm 

               ★小峠 丹山 ことうげ たんざん 
                  丹山窯 小峠 葛芳(かつよし) 
                  昭和21年 姫路市に生まれる
                  昭和44年 伯父の 真葛焼 宮川香斎に師事
        
                                 益子 島岡達三に師事
                  昭和49年 京都・宇治丹山に丹山窯を開く
       
                  三島・伊賀の作品を中心に、呉須赤絵・仁清・祥瑞・染付などを手がける
       
                  先人が創り出した技術を体得しながら、独自のものをあみだそうと研鑽を積む 
                  昭和51年 日本伝統工芸展初入選 
                  昭和56年 日本工芸会正会員 
                  日本伝統工芸展 4回入選 
                  日本伝統工芸会近畿展 9回入選 
                  京都府工芸美術展 8回入選 
                   京焼・清水焼展 市長賞


1a.gif






posted by 末広屋 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。