2012年03月12日

備前志野茶碗 藤原恭助(敬介)

              ■備前志野茶碗   

                     藤原恭助 (敬介)

1-4.jpg


           作家 藤原恭助が独自に生み出した技法で  備前焼と志野焼を
           融合した茶碗

          作者が夕日の暁色をイメージした 肌合いの優しくやわらかい濃淡は 
         新しく開けてゆく世界まで連想させます

         きれいな状態です
         共箱は少々経年の時代があります

            寸法 口径 12,5cm
                   高さ 8,6cm



        ☆ 藤原恭助 (敬介)

            昭和14年  人間国宝 藤原啓の次男として備前生まれる
            昭和40年 岡山に築窯 

            備前焼を中心に作陶し 美濃陶の研究にも没頭した後
            美濃の釉薬に備前の焼成方法を取り入れる手法を編み出す
 
           備前志野で岡山県文化奨励賞受賞 
           日本工芸会支部展 山陽新聞社賞
                                 支部長賞
                                 理事長賞 
                                 金重陶陽賞 
          日本工芸会正会員 
          兄は藤原 雄

1a.gif



posted by 末広屋 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安南寿文字茶碗 真葛 宮川香斎

                      ■安南寿文字茶碗 

                              真葛 宮川香斎
 
 
2-4.jpg



              寿の文字は もともと中国景徳鎮の14世紀の染付をモデルに
              連綿と書き続けられてきた文字で 吉祥をあらわしています

             その周囲を釉剥ぎした蛇の目の削りは 重ね焼きのための名残り

            きれいな状態です
            未使用品とおもわれます
            共箱は少々経年の時代があります

                 寸法 口径 12,2cm
                         高さ 7,7cm


           ☆ 真葛 宮川香斎 

               昭和19年 京都に生まれる
               昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 
               昭和51年 京都の真葛窯に入り
                             以後5代目宮川香齋の補佐をする 
               平成14年 真葛6代宮川香斎を襲名 
                            大徳寺僧堂龍翔寺、嶺雲室高田明浦老師より
                            真葛の印を賜る   

 

商品番号A130353
商品名安南寿文字茶碗
特価75,000円
作者真葛 香斎
送料全国送料無料
posted by 末広屋 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。