2011年09月29日

桑香盆セット

                  ■桑香盆セット

1-1.jpg
 
               香盆、重香合、聞香炉 (川崎和楽)とも きれいな状態ですが

               箱無しです

1a.gif



posted by 末広屋 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

重硯箱・文台セット

                    ■重硯箱・文台セット

bun-3-1.jpg
 
                 重硯箱は きれいな状態ですが 、使用されています
                 文台も きれいな状態です

                 紙箱

1a.gif

posted by 末広屋 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

櫛形莨盆

■櫛形莨盆


1-1.jpg
                   黒真塗のヘギ目、粒足形
                   きれいな状態です

                   寸法  25,6cm × 16,6cm
                           高さ 10,6cm (中央の高い部分)

                   紙箱

1a.gif

ラベル:櫛形莨盆
posted by 末広屋 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一燈好竹手付莨盆  輪島塗 一燈好竹手付莨盆  輪島塗 一燈好竹手付莨盆 輪島塗 目白宗芳

                  ■一燈好竹手付莨盆  輪島塗

1-1.jpg
 
                共箱に書いてありませんが、裏千家8代一燈好の形です
                溜塗に白竹の手付で 節が中央にあります

                形が文箱の蓋のくり型になっているので 文箱形とも呼ばれ
                ます

                本歌は 中村宗哲
                本品は輪島塗の塗師 目白宗芳です
                きれいな状態ですが
                内底に 火入を置いた薄いスレがあります

                寸法  25,3cm × 16,2cm
                    高さ 9,1cm
                    高さ 21,5cm (手付含む)


1a.gif

posted by 末広屋 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

鵬雲斎好の天目台

              ■鵬雲斎好天目台

1-1.jpg
 
              裏千家鵬雲斎好写しの天目台です
              石地塗で酸漿の内側は 青漆
              きれいな状態です

              紙箱

1a.gif


 
商品番号3280830
商品名鵬雲斎好天目台
特価5,000円
仕様 
送料送料別
posted by 末広屋 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木光入作の真塗天目台

                    ■真塗 天目台

                           鈴木光入 作


1-4.jpg


                薄く軽く造られています

                黒真塗に深みがあります
                きれいな状態です


               ☆ 鈴木 光入 すずき こうにゅう

                   昭和20年 京都生まれ
                   昭和40年 初代鈴木光入に師事する
                   平成12年 2代鈴木光入を継承

                   初代 光入(大正12年生)は、昭和25年 京漆器の象彦にて
                   修業、昭和42年に独立する

1a.gif

posted by 末広屋 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高取静山の高取焼箪瓢水指

                   ■高取箪瓢水指 

                          高取静山 作


1-1.jpg



                釉薬は薄く何度も掛分けられ 趣のある景色をつくって
                います

                高取焼のもつ優雅さと 静山さんの気品で 存在感のある
                水指です

                形は瓢箪を逆さました 箪瓢形
                きれいな状態です
                共箱は少々経年の時代があります

                        寸法 口径 18,5cm
                                高さ 16,5cm

                
☆11代 高取 静山 

                    遠州七窯の高取焼中興の祖
                    本名 静
                    明治40年 高取焼宗家の長女とし生まれる
                    大正14年 勉強のため上京 日本大学夜間部で
                    国文学を学ぶ
                    後に東京で結婚し3人の子供を育てる
                    祖父の閉じた高取焼窯を再興するため 父10代
                    高取富基に呼ばれ東京と九州を往復しながら手助けを
                    することになる
                    しかし父富基は初個展を前にして心労のため急逝
                    いつしか戦争の波が窯の火を消す
                    戦後 静山はただ一人の直系子孫として取焼宗家の
                    再興に尽力
                    昭和33年 静山50歳のとき高取焼宗家再興の初窯開き
                    行う
                    昭和36年 第1回目の個展を三越本店で開催
                    これを機に遠州流宗家11代宗明宗匠に「静山」の号を頂き
                    取焼11代 取静山が誕生する
                    昭和58年 永眠 75歳
                    現在は第13代高取八山が 高取焼宗家高取静山窯を継承


                    ☆高取焼
                       筑前藩・黒田藩の御用窯遠州七窯の一つ
                       明治4年廃藩置県により廃藩窯となる
                       代々藩の窯頭取を務める高取宗家により 藩に殉じて
                       御用窯は壊された

1a.gif

posted by 末広屋 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手塚祥堂作の青磁算木花入

                 ■青磁算木花入  

                        手塚 祥堂 作


2-4.jpg


                算木は中国数学や和算で用いられた計算用具です

                その算木の紋様が 気品のある青磁に豊かな表情を与え
                ています

                           寸法 口径 6,5cm
                               胴巾 9,5cm
                               高さ 25,8cm

               きれいな状態です


              ☆ 手塚 祥堂

                   本名 手塚 央
                   昭和9年 初代 手塚玉堂の次男として京都市に
                                生まれる
                   清水焼団地で開窯
                   中国古来の青磁・色絵 豆彩等を研究し、新しい作品を
                   創り出す
                   昭和34年 楠部弥弌氏の青陶会参加
                   日展、現代日本陶芸展、三軌会のほかカナダ・バロリス・
                   ファインアンチエの各国際陶芸展入選
                   日経新聞社賞・文部大臣奨励賞他受賞
                   同支部展で京都府知事賞・京都市市長賞・読売テレビ賞
                   建都千二百年記念協会賞他受賞

                   京都工芸美術作家協会会員
                    三軌会会員 同工芸部長

1a.gif

posted by 末広屋 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日焼松林豊斎作の燔師花入

                  ■朝日焼燔師花入  

                       松林豊斎 作


1-4.jpg



               朝日焼の代名詞 燔師花入

               徳利形の優しい土味の花入です

                    寸法 口径 4,7cm
                            胴径 9,5cm
                        高さ 15,5cm

               きれいな状態です


             ☆燔師 はんし

                 朝日焼の代表的な特徴
                 薄紅色のほのぼのとした斑点模様
                 肌色のやさしい釉調
                 素朴でやわらか土味です
 


              ☆ 松林 豊斎  まつばやし ほうさい

                  遠州七窯の一つ 朝日焼15世
                  本名 良周
                  昭和25年 14代松林豊斎 の長男として生まれる
                  昭和49年 武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業
                  昭和50年まで京都府立陶工訓練校にてロクロを学ぶ
                  昭和51年まで名古屋工業試験所にて釉薬その他研修
                        その後父の許で修業
                  平成 6年 高円宮紀殿下より「朝日」の刻印を拝領する
                  平成 7年 父隠居の跡を受け 豊斎 を襲名
                          日本橋三越にて襲名記念茶陶展開催

1a.gif

posted by 末広屋 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊谷紅陽作の上野焼花入

                  ■上野焼旅枕花入

                     熊谷 紅陽 作


1-4.jpg



                   端正な轆轤目の造形に たっぷりと掛けられた赤錆色の
                   釉薬の色彩が 優美な花入です

                              寸法 口径 3,5cm
                                  底径 6,4cm
                                  高さ 16,5cm

                    きれいな状態です

                  ☆ 熊谷 紅陽 
                      遠州七窯の上野焼宗家15代 


                  ★ 上野焼 (あがのやき) 

                       文禄・慶長の朝鮮の役の際、釜山の城主尊益の子
                       陶工尊階が加藤清正公に従って帰化
                       細川忠興(三斉)が、小倉藩に封ぜられた際、この尊階を
                       招致し上野郷に窯を創設させ好みの茶入等製作させる
                       後、藩窯として栄え、遠州好みの作品を多く作り、遠州
                       七窯の 一つに数えられる
                       明治の廃藩置県により上野焼の廃絶を惜しんだ熊谷
            九八郎が明治35年国から補助を受け上野焼を復興
                       上野焼12代半七より代を襲名し、上野焼宗家熊谷本窯を
            創立
                       以後13代九八郎、14代龍峰、15代紅陽、16代当主
            保興として上野焼の発展に研究努力を続けている
                       平成14年 「上野焼開窯400年記念展」を開催

1a.gif
 
posted by 末広屋 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

夜咄の膳燭

                     ■夜咄の 膳燭 芯切、芯入付

1-1.jpg
 
                    膳燭は未使用品で 在庫が2個ございます
                    7,000円は1個の価格です
                    きれいな状態の芯切と芯入をお付けします

                   紙箱

1a.gif

ラベル:夜咄,膳燭
posted by 末広屋 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜咄のすずめ瓦

                      ■夜咄の 青楽すずめ瓦


suzume-2-1.jpg


                    未使用品です

                    参考定価18,690円

                    紙箱
                    お買上ありがとうございます

1a.gif

ラベル:夜咄,すずめ瓦
posted by 末広屋 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜咄の短檠

                             ■ 夜咄の 短 檠

2-1.jpg
 
                      未使用品です
                      参考定価 21,000円

                      特価 12,000円 
                       紙箱

1a.gif
 
商品番号2285361
商品名短檠
特価12,000円
仕様未使用品、木製
送料道内送料無料
ラベル:夜咄,短檠
posted by 末広屋 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

淡々斎好口糸目建水 一ノ瀬宗辰作

                    ■淡々斎好口糸目建水

             一ノ瀬宗辰 作


2-4.jpg


                 裏千家淡々斎家元好写の唐銅建水

                 不見斎が楽焼で好んだ形を 唐銅で好まれました
                 口上部に淡々斎14代にちなみ 14本の糸目が入っています
                 本歌制作は大西浄中
                 建水は 新品同様きれいな状態です

          お買上ありがとうございます。

                ☆ 4代 一ノ瀬宗辰

                    金工師 
                   初代 一ノ瀬長太郎  明治8年に鋳銅職として業を起こす
                   2代目 宗真 明治23年滋賀県「亀分堂」の隠れ職方となる
                                    日英同盟博覧会で最高の金賞受賞
                                    また万国博、商工展、文展、帝展等々で特選
                                    大賞を受賞し名工とたかく評価される
                   3代 宗真 父に師事 京都で茶道を習い金工茶道具の研究
                                 昭和38年・48年に文部大臣賞を受賞
                   4代 宗辰  本名新太郎  父に師事
                                 古美術茶道具を収集・研究し製作の応用に研鑽する

                                 富山県作家協会会員
                                 高岡市美術作家連盟会員
                                 高岡市美術友の会理事

1a.gif

posted by 末広屋 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武蔵川健三作の青貝螺鈿布袋香合

              ■青貝布袋香合 

                   武蔵川 健三 作 

1-1.jpg


                   黒真塗の蓋甲に彩りの貝で ほのぼのとした表情の布袋さんが
                   象嵌されています

                   底に少々スレがありますが きれいな状態です

                     
                             寸法 幅 4,6cm
                                     高さ 3,2cm


                 ☆武蔵川 健三

                     号 貢山

                     大正3年生まれ
                      父 武蔵川達雄に師事し 青貝細工の技術を修め
                      専ら高岡漆器貝細工発展の為専念する

                   昭和47年 高岡市伝統産業技術保持者に指定される
                   昭和48年 日本漆工協会の優秀技術者表彰
                   昭和51年 伝統工芸品産業功労者表彰
                   昭和56年 卓越した技術者として労働大臣表彰
                   昭和60年 勳6等瑞宝章受章

1a.gif

posted by 末広屋 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一ノ瀬宗辰作の利休形唐銅皆具

                     ■利休好唐銅皆具

                      一ノ瀬 宗辰 作


6-1.jpg



                きれいな状態です

               共箱は経年の時代があります

              お買上ありがとうございます。


              ★ 一ノ瀬 宗辰  いちのせ そうしん

                   金工師 四代目
                  富山県高岡市

1a.gif

posted by 末広屋 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

木村清五郎作の吊り釜セット

                      ■吊り釜セット 

                               木村清五郎 作

1-1.jpg



                    一度ご使用されましたので、弦上部に鈎の小さなスレが
            あります

                    そのほかは きれいな状態です


1a.gif

 
商品番号3277288
商品名吊り釜セット
特価15,000円
作者木村清五郎
送料道内送料無料
posted by 末広屋 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真葛香斎作の交趾松葉蓋置

                   ■交趾松葉蓋置 

                      2代 真葛 宮川香斎 作

3-4.jpg


                 松笠と折れ松葉まデザイン

                 外は 青交趾 内側は黄交趾
                 正月やお祝いのお席の取り合わせに
                 きれいな状態です

                      寸法 口径 5,2cm
                              高さ 5,4cm


             ★ 2代 宮川 香斎

                 真葛焼
                 大正11年 東京生まれ
                 昭和21年 国立陶磁器試験所に伝修生として入る
                 陶芸家クラブで先代清水六兵衛氏に指導を受けるが
                 のち退会して父 香斎のもとで茶道具の制作に専念する
                 昭和47年 二代真葛香斎 (五代香斎) を襲名


                 「用の大切さ」 「用から生み出される美」を知り 「日々新」な
                 気持ちで、茶道具の「用」のかなう作品を制作

1a.gif

posted by 末広屋 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10代坂高麗左衛門作の萩焼茄子香合

                   ■萩茄子香合

                        第10代 坂 高麗左衛門


1-4.jpg


                  ふっくらと実った茄子の実や 蔕の細やかな表現まで
                  造形の美しい香合です

                  名人と呼ばれた10代坂 高麗左衛門(明治〜昭和)の
                  作品です

                  落ち着いた肌合いになっています
                  きれいな状態です
                  共箱は経年の時代があります

                           寸法 横幅 7,3cm × 4,5cm
                                   高さ 4,8cm

          
          お買上ありがとうございます。

               ★ 第10代 坂 高麗左衛門

                    号 韓峯
                    本名 秀輔
                明治23年 9代坂高麗左衛門の次男として山口県萩市に
                               生まれる
                明治42年 山口県立萩中学校を中退し、父に師事し作陶に
                               従事する
                大正 4年 大正天皇御大典記念京都博覧会に出品 
                               菓子鉢が宮内省買上
                大正 9年 李王世子殿下御婚儀奉祝品として山口県献上の
                               高砂尉と姥置物を制作
                大正10年 10代坂高麗左衛門を襲名
                大正13年 今上天皇御成婚奉祝品として萩町献上の
                               高砂尉と姥置物を制作
                昭和 3年 天皇陛下御即位御大典奉祝として個人献上
                昭和18年 工芸技術保存資格者として選定される
                昭和21年 高松宮殿下萩市行啓に際し萩市献上の抹茶碗を
                               制作
                昭和33年 死去

1a.gif

posted by 末広屋 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

高取喜恵作の高取茶入 銘「秋野」写

              ■高取肩衝茶入 銘「秋野」写

                      高取喜恵 作

4-1.jpg


              【新品】 象牙蓋

              松平不味が命名した歌銘

              「こきませて 花のはなさく 秋の野の 露にしたかふ 
                               月の色いろ」     からとられています

              小さな穏やかな肩のついた 背の高い端正な姿の茶入

              胴は轆轤目の変化があり 3層の釉薬は薄・厚の変化で
              景色をつくっています

                    寸法 口径 6cm
                            胴径 6,3cm
                            高さ 10,5cm (蓋撮み含む)

               参考定価 50,800円 

               本歌は 松平不味自筆の箱が添えられてます
               現在は 田部美術館蔵


              ☆ 高取 喜恵  たかとり きえ

                  福岡県小石原村皿山で 夫の高取焼13代八仙に師事し
                  作陶に励む
                  高取焼の繊細かつ華麗、うちに秘めるきびしさの伝統を
                  表現するため 日夜制作工夫に努める

1a.gif

posted by 末広屋 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通次蒿山作の蕗の薹茶碗

                     ■銹絵蕗の薹筒茶碗  

                           通次 蒿山 作

5-4.jpg


                 雪解けを待ちきれず顔を出す ふきのとう

                 春を告げてくれる 嬉しい使者です

                 茶碗下部はすっと引き締められ 日本画のような 絵付けと
                 共に 芽生え来る生命力を感じさせる独特のフォルムです

                        寸法 口径 10,4cm
                                高さ 9,8cm

                 共箱は少々経年の時代があります


               ☆通次 蒿山(阿山の別名)

                   昭和13年 京都生まれ
                   大阪市立大学文学部卒業
                   九谷焼の名工「雲外」を祖父に持つ
                   日本画を池田道夫に師事する
                   陶芸の指導を父・寛斎(日展作家)に受ける
                  日本画の技を絵付にいかし 繊細な絵画風京焼の茶陶を
                  制作

1a.gif

 
商品番号3330280
商品名銹絵蕗の薹茶碗
特価37,000円
作者通次 蒿山
送料全国送料無料
posted by 末広屋 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現川焼横石臥牛作の茶碗

                    ■現川焼平茶碗 

                       横石 臥牛 作


1-4.jpg


                現川焼の特色である 薄作りな器肌に鉄分の多い茶褐色の
                赤土で、多様な刷毛目で独特の紋様が表現されています

          きれいな状態です
               共箱は少々経年の時代があります

                       寸法 口径 14,3cm
                               高さ 5,6cm


             お買上ありがとうございます。

             ☆ 横石 臥牛

              昭和14年 14歳にして、先代宗雲よりロクロの技を学ぶ
              昭和36年  先代没後13代 臥牛を襲名
              昭和49年 日本伝統工芸展に初出品で初入選
              昭和50年 先代に続き 長崎県無形文化財の指定を受ける
              昭和57年 日本工芸会正会員(現在に至る)
              平成元年  長崎県教育功労賞 受賞
              平成 5年 長崎県民表彰( 教育文化部門 )を受ける
              平成 7年 文部大臣より 地域文化功労賞を受賞
              平成 8年 労働大臣より卓越した技能者(現代の名工)の表彰を受ける
              平成 9年  勲五等瑞宝章を叙勲
              平成10年 日本伝統工芸展入選(通算11回目)

1a.gif

posted by 末広屋 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

大徳寺黄梅院 小林太玄の掛軸「山色清浄身」

                   ■掛軸「山色清浄身」

                    大徳寺黄梅院 小林太玄

7-1.jpg
 
                         【新品】

                         さんしき しょうじょうしん

                   
山の姿そのものが 清浄な如来の心にほかならない

                    という悟りの境地

                    蘇軾の
                    「渓声すなわち広長舌、山色あに清浄身に非ざらんや」

                    の句の後半をもとにして さらに山色響きあう自らの心を
                    強調している




                  ★ 小林 太玄   こばやし たいげん
                    <太玄義透> たいげん ぎとう
                    大徳寺 黄梅院 住職
                      昭和13年 奉天に生まれる。
                      6歳で両親を失って出家。
                      昭和36年 花園大学卒業し、相国僧堂に掛塔。
                                     大津櫪堂に参禅する。
                      昭和50年 大徳寺黄梅院の住職に就任。
                      昭和63年 さらに花園大学社会福祉学科に学士入学。
                      遊学研鑽ののち平成3年卒業。現在に至る。


1a.gif

 
商品番号3310201
商品名掛軸「山色清浄身」
特価47,000円
作者大徳寺黄梅院 小林太玄
送料全国送料無料
posted by 末広屋 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大徳寺黄梅院 小林太玄の掛軸「本来無一物」

             ■掛軸「本来無一物」

              大徳寺黄梅院 小林太玄

6-1.jpg
 
                       【新品】
                       ほんらん むいちもつ
                 禅宗の六祖 慧能(えのう)が 法を嗣ぐときの詩による

                 本来の境地とは もともとは何もない空であるゆえ
                 求めるべき悟りも 捨てるべき煩悩もないものである

                 悟りも迷いもない、 無我無心の境地が 
                 もともとのものである意。

                 また 全てを投げ捨てて無一物に徹すれば、
                 逆に全てが無尽蔵に湧き出してくる
                 (無一物中 無尽蔵)のである。




                  ★ 小林 太玄   こばやし たいげん
                    <太玄義透> たいげん ぎとう
                 大徳寺 黄梅院 住職
                   昭和13年 奉天に生まれる。
                   6歳で両親を失って出家。
                   昭和36年 花園大学卒業し、相国僧堂に掛塔。
                                  大津櫪堂に参禅する。
                   昭和50年 大徳寺黄梅院の住職に就任。
                   昭和63年 さらに花園大学社会福祉学科に学士入学。
                   遊学研鑽ののち平成3年卒業。現在に至る。

1a.gif

posted by 末広屋 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掛軸「七事式」雪尾要道筆

          ■掛軸「七事式」  雪尾要道

1-1.jpg
 
     江戸中期 泰平の世相まり 茶道も茶禅一味の厳しさが失われつつあった

     表千家7代如心斎宗左と その弟 裏千家8代又玄斎一燈は 茶道本来の
     理念を確立するため 禅の「七事随身」の精神を基に 厳しい修練を目的と
     した七事式を制定する

     この創定には 大徳寺玉林院住職 大龍宗丈とその法嗣で  一燈・如心斎の
     参禅の師である無学宗衍の助力や
門弟の川上不白、多田宗菊、速水宗達
     職方の中村宗哲なども参与し 合議を重ねて完成したと伝えられます


     きれいな状態です

   お買上ありがとうございます。


     ☆ 雪尾要道 ゆきお ようどう

         大徳寺派宗鏡禅寺住職
         大正元年  兵庫県生まれ
         昭和 8年 天龍寺僧堂に掛塔、関精拙老師に参禅
         昭和16年 龍谷寺住職に就任
         昭和45年 大徳寺派宗務支所長、 宗会議員を歴任
         昭和58年 宗鏡寺住職を兼務

         円覚山宗鏡禅寺(兵庫県出石町)は、明徳三年(1392年)
         山名氏清が創設
         山名一族の滅亡とともに荒廃の一途をたどる
         元和2年(1616年)に沢庵和尚が再興し沢庵寺とも呼ばれる
         代々出石城主の菩提寺として崇拝を受けてきた

1a.gif

posted by 末広屋 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。