2011年01月17日

真葛焼 宮川香斎の交趾竹節香合

                ■交趾竹節蓋置


                真葛 宮川香斎 作

makuzu-1-02.jpg


             きれいな状態です

                       共箱は少々経年の時代があります


 
makuzu-1-01.jpg


 

                        ★ 2代 宮川 香斎

                            真葛焼
                            大正11年 東京生まれ
                            昭和21年 国立陶磁器試験所に伝修生として入る
                            陶芸家クラブで先代清水六兵衛氏に指導を受けるが
                            のち退会して父 香斎のもとで茶道具の制作に専念する
                            昭和47年 二代真葛香斎 (五代香斎) を襲名


                            「用の大切さ」 「用から生み出される美」を知り
                            「日々新」な気持ちで、茶道具の「用」のかなう作品を
                            制作
                            

1a.gif



posted by 末広屋 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。