2010年07月22日

小峠丹山の仁清青楓茶碗

     ■ 小峠丹山の青楓茶碗

     2-1.jpg

      青楓が丹念に絵付けされてます。
      仁清茶碗で 華やかでありながら 余白の空間が派手さを抑え
           無限の広がりみせます。
      色彩も品の良いお茶碗です。

      お買上ありがとうございます。

   2-2.jpg2-51.jpg2-52.jpg
      2-7.jpg2-55.jpg
       2-9.jpg2-8.jpg

           1d-10-m.gif

       ★小峠 丹山 ことうげ たんざん

       
丹山窯 小峠 葛芳(かつよし)

       昭和21年 姫路市に生まれる
       昭和44年 伯父の 真葛焼 宮川香斎に師事
               益子 島岡達三に師事
       昭和49年 京都・宇治丹山に丹山窯を開く
               三島・伊賀の作品を中心に、呉須赤絵・仁清
                          祥瑞・染付などを手がける

             先人が創り出した技術を体得しながら、独自のものを
             あみだそうと 日々研鑽を積む

       昭和51年 日本伝統工芸展初入選
             昭和56年 日本工芸会正会員

             日本伝統工芸展 4回入選
             日本伝統工芸会近畿展 9回入選
             京都府工芸美術展 8回入選
             京焼・清水焼展 市長賞
    



posted by 末広屋 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

あかね窯の平茶碗

        ■ 色絵 青楓 平茶碗

                  あかね窯 岡田華渓 作


      1-1.jpg   

    あかね窯 岡田華渓の作品   
    水色パールの深みのある地色が 水面に輝く青楓を連想し
    爽やかな清涼感に包まれます。
    
柔らかななかに 凛とした気品を感じさせるお茶碗です。

    きれいな状態です。

    寸法 口径 15,2cm
            高さ    5,1cm
   
    特別価格 150,000円です。

    1-51.jpg1-52.jpg
    1-2.jpg1-3.jpg
    w-7.jpg

          1d-10-m.gif


 

    ☆ あかね窯 岡田 華渓  おかだ かけい

    大正10年生まれ。
    日本画家井上正晴に師事ののち 京都東山にあかね窯と
     して 茶陶制作を始める。
    女性らしい繊細さとシンプルの調和が 見る人の心をひき
       つける。

       代表作には 裏千家 鵬雲斎大宗匠お好みの 
       盛金花鳥絵水指、鳳凰絵水指、祇園守平茶碗などが
       ある。

posted by 末広屋 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

雲鶴手茶碗 須田祥豊作

           ■ 雲鶴手茶碗
    
            須田 祥豊 作

     w-2.jpg
 

      薄い青磁釉と 控えめに描かれた雲鶴紋様が相まって 気品と
      ともに 侘びた風格のある お茶碗です。

      わずかに歪んだ口縁と 薄い青磁釉の濃淡は 手に収めたとき
      思わず魅入られます。

  

      寸法 口径 13,6cm
              高さ  7,5cm

      特価 48,000円です。

            1d-10-m.gif

    
      ★ 須田 祥豊   すだ しょうほう

  

      明治生まれ
      京都で作陶
      大正14年 裏千家淡々斎家元より 祥豊の名を受与される
      大徳寺管長より 如拙庵の号を拝受
      国焼、朝鮮の写しを得意とし、その端正な作風は評価が高く
      名品を数多く残し、現代の名工として知られています。

posted by 末広屋 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

佐久間芳丘の井戸茶碗

       ■ 井 戸 茶 碗

        佐久間 芳丘 作

     w-4.jpg

     

     口縁から胴、高台へのゆるやか曲線と 力強く削り出された
     高台と周辺カイラギ

     明るめの枇杷色をした釉色、深くたっぷりとした見込みと
     井戸茶碗の特色がよくでたお茶碗です

     寸法 口径15,4cm
             高さ   8,1cm

      特価 35,000円です

            1d-10-m.gif               


            ★ 佐久間 芳丘  (さくま ほうきゅう)

     
      松古窯
            明治44年 松古窯窯元の家に生まれる
            兄は 佐久間勝山
            幼少の頃より 祖父 2代芳春から作品の感覚を体で
            覚えるよう 厳しく指導を受ける
            陶芸を独学で研究、努力を重ね 昭和39年 独立開窯

            高麗、唐津、志野、伊賀、紅毛、万古独特の赤絵と
            幅広い作行きをみせる

posted by 末広屋 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。