2008年07月12日

佐久間芳丘の茶碗

■ 佐久間芳丘さんの 絵唐津茶碗

沓形のお茶碗、正面に えくぼ、そのえくぼに 石はぜ・・・と
見所がいっぱいの お茶碗です。


blog-houzan-1-1.jpg

blog-houzan-1-2.jpg

雪月花の図柄ですので、一年中お使いになれます。

月は こんな形
blog-houzan-1-100-4-2.jpg

佐久間芳丘さんは、松古窯 4代佐久間勝山さんの弟にあたり、
名工として 松古窯の名を高めた方です。

お買上ありがとうございます。

          
1d-200-chawan.gif


posted by 末広屋 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

掛軸「平常心是道」

■ 大珠院 盛永宗興の掛軸 第2弾 「平常心是道」

商品ご紹介 第2弾も大珠院 盛永宗興師の一行物です。

         「平常心是道」 びょうじょうしん これ どう 

            bulog-soukou-biyou-1.jpg


「普段の当たり前の心こそが道である」 と 馬祖道一が教えた、
その後の 禅思想を貫く、根本命題となった有名な言葉。
 
利休は
「茶の湯とはただ湯をわかし茶を点てて飲むばかりなるものと知れ」
と教えています。

ああしよう・こうしようとか、すべきだ・すべきでないなどの、意識を越えた
何ともない無造作な心が、道である との教えでありますが、
目の前にあるといわれても あまりにも とおい遠い道ですね。
          


この掛軸は、老師に ご筆耕頂き、紙のまま保管していたものを
入手し 本年掛軸に表具いたしました。故に、箱書きはありません。

 お買上ありがとうございます

   ★ 馬祖道一  (ばそ どういつ)

   <709〜788>
   六祖慧能の法嗣 南嶽に参じ契悟した。
 
     その宗風は 平常心是道や即心即仏を掲げ、
   日常生活の全てを仏性の働きと見るもので、
   中国禅宗の本格的発展は 馬祖に始まると
   いわれ、始祖と称される。

 1d-200-kakejiku.gif  1d-10-m.gif

posted by 末広屋 at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

大珠院 盛永宗興師の掛軸 「円相」

大珠院 盛永宗興師の掛軸

ネットショップは 近日開店予定です。
開店前に ブログで 商品のご案内をスタートします。

最初に ご案内させていただくのは、釧路にも縁の深い
故 大珠院住職 盛永宗興師の 掛軸 「 圓相 」 です。

                b2-soukou-ensou-1.jpg


   圓相に 北宋の詩人 蘇東波の詩句から
             無一物中無尽蔵
             有花有月有楼台   の賛語が加えられてます。


自己を尽くことに徹すれば、光明に包まれる の意味から、
開店一番目の商品に選ばせていただきました。


仕立ても この度 新しく表具しました。

お買上ありがとうございます            

  ★ 盛永 大愚 宗興  <モリナガ  ダイグ  ソウコウ>

     <1925-1995>
     臨済宗 妙心寺683世
      大珠院住職 
     京都花園大学元学長 

     室号 碓庵
         富山県魚津市に生れる
         昭和24年、龍安寺塔頭大珠院の後藤瑞巌について出家
         昭和24年から38年まで大徳寺に掛搭、小田雪窓参じ、印可を受ける
         大珠院住職
         昭和61年花園大学学長に就任、平成6年3月まで2期8年務める
         平成7年示寂  69歳


 1d-200-kakejiku.gif   1d-10-m.gif
posted by 末広屋 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道具 古物・出物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。